日本を出発

こんにちは。

普段早起きをしない私が早起きをして
両親にのせてもらい関空に向かう。

通常国際線を使う時は通常出発の2時間前には
ついていなければなりませんが
私がついたのは出発2時間前。もう常にギリギリ。笑
ギリギリでいつも生きていたいんです。(嘘)

駐車場に停めてカートに荷物を乗せて空港に向かう。
この時駐車券を持って行くと尚良し。
連絡通路に精算機があるのでスムーズに会計できます。

国際線出発は4階。
チェックインの場所をディスプレイで確認してチェックインに向かう。

おねえさんに中国語で話しかけられる。←中国顔なのは知ってる。
パスポートを渡し、ビザの有無を聞かれる。

eTa取得してますというと、取得時のメール画面を見せてください。と。
あるけれど、ネット環境!!
関空の微弱なWiFiでどうにかメール画面を呼び出す。
※2020-02追記 この経験からスクショで保存してます。笑
eTaで混乱した時の記事はコチラ

画面が出るまでにカナダにいる際の住所、電話番号を聞かれる。
荷物にも名前と電話番号を記載したタグを貼る。
(荷物に住所も書いたので安心感は桁違い)
※ロストバゲージで泣いた記事はコチラ

無事チェックインを終え、手荷物検査へ。
手荷物検査の時は、パソコンやモバイルバッテリーは
鞄から出さないといけないので、あらかじめ出しておくとスムーズ。

2時間前でチェックインや手荷物検査をすると搭乗時刻ギリギリでした。
まぁ、ギリギリでいつも生きt(略)

まずは広州に向けて出発。
広州行きで出た機内食がこちら。

魚のパスタか牛のご飯かのチョイスで牛を選択。
肉じゃがみたいな味で悪くない。
そばは普通に美味しいしパンも果物も美味しい。
(組み合わせはちょっと変だけど)

ここで日本と違うなーと思ったのがお手ふき。
日本はちょっと薬品系の匂いですが、ここではしっかり甘い匂い。

あと、飲み物サービスが最初オレンジジュースを頼み
次はお茶を頼んだのですが、同じコップでの提供。。。
まぁ死ぬわけじゃないからいいけどね。

中国系の航空機利用した時あるあるとして中国語で尋ねられる。

前回カナダに行った時は、中国語でご飯どっちがいい?
と聞かれSorry?と答えたらなぜか中国語の牛肉と認識されて
ご飯が出てきたことがある。

あー中国語喋れるようになろう。笑

カナダまであとちょっと。
早くカナダにつかんかなぁ。

たっち

↓励みになります↓

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です