経済の話は難しい。

デザートに食べたみかんが
甘くて果汁たっぷりで幸せ、たっちです。

主人は株をしていて
このコロナの状況下でのマーケットの
移り変わりに大変興味があるみたいです。

その移り変わるマーケットの状況や
今回のコロナで起こった経済の事などを
私に話してくれます。

一番最近話してくれた内容は
例えば

銀行が0金利でお金を大企業に貸すとする。

0金利なら損がないと企業は考えて借りれる分のお金を借りる。

経営が回っている間は順調に返していけるので
その見込みで従業員を雇ったり、接待したりする。

コロナが起きる

経営が強制的にストップして
従業員はリストラされる。

政府が市民ではなくその大企業を優先的に
給付金を給付する。

なぜならその大企業が倒産すると
貸付元の銀行に影響が起きる

銀行に影響が起きると政府が困る

なので政府は大企業に給付金を渡す

その給付金は市民からの税金

一番苦しむのは市民
なぜならリストラをされて、かつ
政府に税金としてお金を巻き上げられてるから

とか。

公平じゃないよねって話をされるけど
説明されたら確かにって思うけど
そこまであんまり考えたことなかった(小声)

結局こういうお金のある人に
お金が回りやすいように世界は出来てるから
貧富の差は解決出来ないし
なんだったらより一層、差は広がってくるって。

確かになー。

主人の話を聞いてると
自分が賢くなった気がする。笑

今まで自分の関与する範囲でしか
考えたことなかったけど
(消費税とか市民税とか)
そう大きい目で考えると
随分と不公平な中に生きてるんやなって

考えることを止めたら楽やけど
もっとちゃんと考えて政府の
することをよく見て
考えて選挙に行かないとあかんね。

カナダの永住権取れても
カナダでの選挙権はないけどね。
(カナダ国籍になれば選挙権あるけど)

日本国籍はずっと保持したいからね:)

↓励みになります↓

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です