T4がニックネームの場合のタックスリターン

こんにちは、3月といえば確定申告の季節ですね。
カナダではタックスリターンと言って税金が戻ってくる!というなかなかポジティブなネーミングがなされています。

タックスリターンにはT4という源泉徴収みたいなのを働いた会社からもらって申請します。
人によっては自分自身で申請したり、業者に依頼してやってもらったりします。
我が家の場合はうちの主人が全てやってくれるので私はノータッチ。
会社側は2月28日までにT4を配布しないといけないのでその頃にはどんなに気まずいやめ方をしたとて連絡をしなければなりません。笑

去年はジャパレスとローカルパブ、イタリアンレストランで働いたので各会社からT4をもらいました。
その中の一つであるパブで私は英語名で働いていたのですが、T4もそのまま英語名で発行されました。
税金関係のものはやっぱり本名がいい気がしたので本名での発行をお願いしたのですが、給料明細なども英語名で発行しているからもしかしたらT4だけ本名にしても何か問題が発生するかも。と言われました。

確かに、変なことになるのは嫌だと思ったのでとりあえず英語名のものだけもらって、もし必要なら連絡すると伝えておきました。

昔レジュメに英語名を書いて応募すると受かりやすいとかで初めてチャレンジして受かってそのままの名前で登録されたわけやけど、変なことしなければよかったって後悔がすごかった。
CRAっていう税金管轄しているところに電話で聞いてみようかとも思ったけど、主人がいけるんじゃない?税金多く納めてくれるんやしって言ってたからそのまま申請をお願いしました。

主人曰く、筒がなく申請はできたとのこと。
事実しっかり多めに払っていたとされる税金は返ってきました。

最悪ニックネーム、もしくは英語名だとしても申請はできるけどちゃんと本名でT4はもらうようにしたほうがいいというのが今回の教訓です。
もし今後CRA側から何か言われたらまた追加でお伝えします。

↓励みになります↓


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。