盛大に失敗した納豆作り

こんにちは、カナダでは納豆3パック$3.99で高すぎると思っています、たっちです。

同僚の日本人の女の子が納豆を作っていると言っていて
その話を主人にしたら納豆好きな主人が乗り気になって
納豆を作ることになりました。

まずは発酵させるための機械として
インスタントポットを購入。($80)

圧力鍋になったり炊飯器になったりする優れもの。
でいざ作ろうとレシピを見てみると一晩の浸水から始まるみたいでやる気は翌日に持ち越し。
大豆が近くで手に入らなかったのでブラックアイビーンズでとりあえず代用。

↓浸水している豆

翌日、みてみると若干?若干膨らんでるかも?

一晩じっくり浸水した豆を今度は蒸し器に入れて3時間強蒸す。
レシピでは圧力鍋を使って蒸すと書かれてたけど
傘みたいにパカって開ける蒸し器を持ってないので
じっくり普通の鍋で蒸しました。
この蒸し上がりの柔らかさがそのまま納豆の柔らかさになるので
お好みの柔らかさになるまで蒸す。

蒸し上がってから温度が50から45度になるまでちょっと冷やす。

その間にインスタントポットの釜に種となる納豆とお湯を入れ
混ぜ混ぜしてお湯に納豆菌をうつす。

適温になった豆を釜に入れて納豆菌を全体に行き届くように混ぜる。
上から清潔な布、ラップなどで覆う。

発酵熱で水蒸気が蓋に溜まっていくので蓋の下にも布などを覆い水が下に垂れないようにする。
↓発酵して少しした時の蓋の結露?具合

インスタントポットのヨーグルトモードで24時間40度を保つ。

という工程だったのですが、翌日様子を見てみると匂いがひどい。

まるで雑巾が腐ったみたいなひどい匂いで主人と二人
これは食べられないと判断しました。

多分敗因はキッチンペーパーを納豆の上に置いたのですが
そのキッチンペーパーに雑菌がついていて雑菌の繁殖しやすい温度で
納豆菌とともに雑菌も繁殖したのではないかと結論を出しました。

24時間が終わったら冷蔵庫に二日置いて出来上がりだったのに
捨てる羽目になりすごくがっかりしています。

そして第二弾として、今新しい豆を浸水しているところです。
今回はインスタントポットの釜も煮沸消毒して使うもの全て煮沸消毒してから
挑みたいと思います。

あー、悔しい!!

↓励みになります↓


人気ブログランキング

“盛大に失敗した納豆作り” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。